Q&A

:文系でも応募は可能ですか?
:可能です。但し、すでにプログラミングの基礎を学習されている方と比べると、プログラミングが出来るレベルまでの時間に差が出ます。自己学習もそれなりに必要となりますので、その点は認識頂いておく必要があると思います。

:研修期間が一ヶ月と他社より短いのはなぜですか?
:研修課題レベルで数ヶ月学習したとしても、システムを作れるレベルにはならないためです。OJTとして実際動いているシステムの改修を行うことがプログラミングを覚える一番の近道と考えております。また、個人個人で能力に差がありますので、一律に同じレベルの課題を学習することは非効率であり、基礎研修はどの程度のレベルかを判断することのみに重点を置いています。

:会社説明会はいつ開催されていますか?
:通年採用のため、ご依頼があれば随時開催させて頂いております。当サイトのエントリーフォームからご希望内容で「会社説明会への主席」を選択し、質問事項に希望日時を記載して送信して下さい。(ご希望により弊社業務時間外でも対応させて頂きます)

:どのような人材が御社に合うと思いますか?
:プログラミングが好きで、新しいことを覚えたいと思える方が合うと思います。プログラマーからSEを目指して頂いても良いですし、より高度なプログラマーを目指すのもありです。プログラムの書けないSEにだけはならないようにとの考えです。

:学歴は重要視しますか?
:弊社エンジニアの採用実績校や出身校は記載の通りバラバラですので、重要視しておりません。何よりも「プログラミングをしたい!」という方を重視し採用を行っております。

:研修後の配属はどのように決められるのですか?
:個々の能力に合わせて決定します。能力に合わない仕事をするとフォローする先輩エンジニアの負荷も大きくなるため双方が大変になり、且つお客様にもご迷惑がかかります。まずはスキルに見合った作業に着任して頂きます。

:なぜエンドユーザー取引をしているのか?
:一般的なシステム開発の仕事では元受、下請け、孫請けと階層で別れており、元受になるほど受注単価が高く、その分開発投資や社員の給与などへ還元することができます。反面、仕事の難易度も相対的に高くなります。

:プロジェクトの難易度は高いものばかりですか?
:高いものから一般的なものまでいろりろありますので、出来るところから対応頂きます。難易度が高いプロジェクトも行っていなければスキルアップが出来ませんし、難易度が低くレベルアップが見込めないテスターのみの作業などは行いません。

新卒採用のエントリーはこちら

新卒採用/エントリー