TEAM紹介

アイティテラではOSSをキーワードに様々なユーザー様へのシステム開発&サポートを行っております。
主要なTEAMでどのようなことを行っているかをチームリーダーがご紹介させて頂きます。

開発力だけではない
コンサルティング力が必要

MICHIAKI

ブリッジSEM.T

私の仕事

私は現在、ユーザー様のシステム部門に常駐し、各種データを集計分析するツールの性能改善とETL化に伴う再構築プロジェクトに携わっています。
私の他のメンバーは大規模プロジェクトの新規開発、現行システムの保守、エンドユーザーの問合せ窓口サポートなど、各メンバーと連携し、チームとしてシステム部門から依頼される様々な課題に取り組んでいます。

今までの経験

現在のプロジェクトに携わる前は、海外拠点立ち上げのサポートを経て、社内業務としてお問合せ頂いたお客様や、OSSセミナーで興味を持っていただいたお客様に対して、オープンソースで何ができるか可能性を探り、実際に、CRM、ERP、ETL、BIを組み合わせて業務改善を行う提案などを行っておりました。
例えば、営業活動の情報をエクセルシートなどで管理されていたお客様に対して、vTiger CRMを導入して頂き、入力をオンライン化した上で、pentahoのETLを使い、ホストの売上データを絡めて売上分析用のデータの形で、抽出し、BIツール上のダッシュボードにグラフ化して表示させるといったものです。

今からでも遅くは無い
自分の能力を高め、お客様の役に立ちたい。

大事な事は開発力だけではない

オープンソースの場合、既製のモジュールでは日本の商習慣などに対応していないため、どうしてもカスタマイズが発生しますが、カスタマイズの量が多くなると安価に導入できるメリットが薄れてしまいます。私は可能な限りノンプログラミング、あるいは、既存の有償・無償プラグイン等で対応できるよう、海外サイトから新しい情報を入手し、標準機能を使い込んで機能を理解するように努めました。また、オープンソースの特性をよく理解した開発者に標準仕様に則ったカスタマイズをしてもらうよう依頼することでコストダウンに努めました。

現在携わっている再構築プロジェクトでは有償版のETLソフトを使い開発する予定ですが、オープンソースのETLで日夜機能の理解に取り組んだことが、様々なソフトウェアを使いこなす上で、とても役に立っています。

お客様と共に

システム作りは、お客様と開発者がより良いものを生み出すため、共に知恵を出し合い作り上げるものだと思っています。
今まではどちらかと言うとお客様の要望ありきでしたが、今後はデータの分析方法など、より幅広いベースの知識といろいろな引き出しをもって、お客様の必要とするシステム像をうまく引き出せるコンサルティング能力を身に着け、役に立つ存在になるべく、日々の業務の傍ら、中小企業診断士の資格取得を目指して学習を進めています。

MICHIAKI

チーム力

現場では、開発力、提案力、リーダシップスキルなど、それぞれ強みをもったメンバーが集まり、どのようなシステムの課題も解決できる。
一人でまかなえる範囲には限界がありますが、チームであればどんな要望にも応えられる。
そのようなチーム作りを目指しています。

でも遊びも大事

人だってオーバーヒートするときがあります。
そんなときは気分を切り替え、全開で遊ぶ!それも大事なことだと思っています。
弊社の社員は本当に趣味が多彩!カヤック&キャンプ、バイクツーリング、ボートフィッシングにスキューバ
海外にも同僚たちと年1で遊びに行っていますので、興味があれば是非!!

新卒採用のエントリーはこちら

新卒採用/エントリー