TEAM紹介

アイティテラではOSSをキーワードに様々なユーザー様へのシステム開発&サポートを行っております。
主要なTEAMでどのようなことを行っているかをチームリーダーがご紹介させて頂きます。

技術に前向きな会社で
フルスタックエンジニアを目指す。

TATSUYA I

プログラマーT.I

私の仕事

私は社内の受託開発チームに所属しており、お客様から直接依頼を受けお客様の要望に合わせた専用のソフトウェア開発を行っております。
システム提案から要件定義、開発、運用保守とシステム開発の最初から最後までお客様とコミュニケーションをとりながら、仕事を進めていくチームです。
最初から最後までの全てを自分達でやらなければならないのは大変ですが、ひとつの仕事をやり遂げたときのとてもやりがいを感じます。

最新技術への挑戦

この会社で私が特に気に入っている事が「利用する技術も自分たちで選択する事ができる」ということです。
日々新しいフレームワークやライブラリ、OSS(オープンソースソフトウェア)が生まれる中で、どのライブラリを活用し効率良く開発を進めていくか、どのフレームワークを使い信頼出来るシステムを作るか、常に新たな技術に挑戦できる環境であるというのは「フルスタックエンジニアを目指す」上で大きなメリットとなると私は考えます。

目の前にある課題に諦めずに向き合うこと
それがフルスタックエンジニアの第一歩

実際のプロジェクト

最近リリースしたCRMシステム開発では、計画当初から大量のデータ処理が前提となっていて、OSS-CRMベースでは厳しいと判断しNode.jsでフルスクラッチしました。
Node.jsやRedisの使用経験はありましたが、今回はそれに加えAngularJS、MongoDBを使用するMEANスタックで開発を行うこととなり、大量の同時アクセスを裁くため、監視結果をもとに継続的にチューニングを行った結果、現在無事に安定稼動するまでに漕ぎ着けることができました。
結果的にこの構成の選択は当たっていたのですが、これほど大変はプロジェクトは初めてでした。

私が得たもの

多種多様なOSSを実際のプロジェクト取り入れるためには、普段から触っていることが重要です。
自前のVPSでAngularJS等を入れて遊んでいましたが、実際のシステムとして開発を行うことはまったくレベルの違う話です。
次々に発生する課題に対し、先輩の知見を借り、Googleで情報を漁り、トライ&エラーを繰り返し、
「本当に解決するのか・・」心が折れそうになりながら、何とかサービスをローンチできたとき、それらは私のスキルとして確実に蓄積されています。

TATSUYA I

本には書いていない

開発を進める中で発生する課題は決して本などには載っていません。
世界各国のエンジニアが発信している情報を参考にしたとしても、システム環境のスペックやターゲットとするデータ量、利用ユーザー数も違うため、それだけで解決することは不可能です。
やはり実際のプロジェクトを経験で経験し、諦めずに向き合い、学習することが必要不可欠です。

共にフルスタックエンジニアを目指そう!

入社してすぐはWebサイトの仕組み?、データベース設計?、Java?JavaScript?わからない事だらけかもしれません。
ですが、目の前の課題を一つずつ解決していくことでノウハウが蓄積され、いつのまにか「フルスタックエンジニア」と呼べる人材になるのだと思います。
常に新しい事に挑戦し続ける私達も実はわからないことだらけです。
技術に前向きに挑戦していけるこの会社で一緒にフルスタックエンジニアを目指しましょう。

新卒採用のエントリーはこちら

新卒採用/エントリー